2019スタッフのグッと大賞

第33回オリエントスパゲティスタッフの選んだ2019年のグッと大賞!
(オリエント入店順)

 

音楽人(男)

こんな企画をやっといて大変申し訳ないんですが、この歳になってくるとなかなか人生変わる程、或いは人様の耳元で拡声器で訴えかけるようなグッとした事ってなかなか無いんです。まぁ人手不足でここ数年、人生最も飲食業で働いていて、そんなユトリが無かったせいかもしれません。それでもグッときたことをギリギリまで考えました。結果、手前味噌ぽいですがこれが正直なグッと話。

僕には30年間程、不定期でやってる二人音楽ユニットがありまして、ある日僕らのライブを観に来てくれたシカゴ在住の某日本人スタンダップコメディアンから、彼自身の舞台のオープニングとエンディングテーマの発注があったんです。

お題は彼がシカゴで所属しているコメディアンオフィスの大先輩ブルースブラザーズ的なアレ。知ってる方はすぐわかるあのホーン主体の超有名なオープニングテーマ。

ただあんな風にと言われても僕ら職人じゃないんで普通のを求められたら面白くとも何ともないので通常受けないんですが、僕らのライブや音源を聴いて気に入ってくれてまで頼んでくるって事は、そこからかなり逸脱してもよかろうと思い、それならと制作に入ったんです。

今年の冬から春にかけてこのレコーディングセッションは基本相方のスタジオで行われました。

まずは二人で何となく曲を持ち寄り、合わせて、ぐちゃぐちゃにして、あーでもないこーでもないを繰り返し、ようやくブルースブラザーズ✖️ビーチボーイズの僕ら風解釈みたいな方向性に落ち着きました。

そこから構成を練り、仮の楽器やらコーラスやらの声物を入れ、そこでは録れないドラムやらピアノやらホーンやらを他スタジオで録った後、また相方スタジオに戻り二人の仮プレイを本チャン用に録り直しミックス、と言う流れなんですが、やっぱベースって要なんです。ベース如何によって特にこういうスタンダード的なのは方向性が決まってくる。

さぁ今日はそんな大事なベースを入れてみるか、って日。僕は高度な楽器プレイヤーじゃないので、ギタリストの相方が壁に掛かってるいつものボロボロのピッチ微妙、ガリも出まくりの年代物のバイオリンベースを手に取ります。この曲らの根幹に関わる音が今吹き込まれる。僕らはいつも基本二人きりでレコーディングするので、緊張感は全く無いんです。そこにあるのは漠然と淡々と高みを目指す静かな高揚感だけ。

さぁ録音スウィッチが入りました。相方はこの曲の仮ギターこそチャチャっと入れましたが、今回はベースのフレーズどころかベースにも触ってません。完全無欠のノーアイデアのまま録音開始。だからこそこの日僕はベースで1日かかると覚悟してたんです。これはさすがに時間がかかるだろうと。

だがしかしそこで相方が引いたベースが、フレーズセンスもプレイも全て良しの一発オッケー!

まじか、すげーな相方!グッとくるどころじゃないぜ!僕らは狂喜爛漫です。

人間は何もキメなくともここまでの達成感と幸福感を味わえるのです。僕は相方を誇らしく思い、彼の才能にひれ伏しました。この人と一緒に音楽を作って来てよかった、心底そう思える時間でした。

このベースプレイが僕の今年一番のグッと大賞。

ご静聴ありがとうございました。

バイト募集中!!


音楽人(女)

最近記憶力の低下が甚だしいので、グッと来たことと言われても、今すぐ思い浮かばない。。なんだかピンと来ない。。

が、2019年自分内頑張ったことなら、新しい音楽ユニットを立ち上げたことと、新しいコラボユニットの音楽制作をしたこと、ですかねー。


高円寺SWAMP店番(女)

U2、埼玉スーパーアリーナ‼︎

スタンディングでほぼ2万円ですよ、懐メロツアーですよ。

無いわぁ〜、とスルーしていたところ

ライブマニアの友達から声がかかりまして。

ふと、U2死んだらライブ1度は観ときたかったなーって後悔するだろと思っちゃったから、無理してでも行くことにしました。

結果、行っといて良かったーー‼︎‼︎

先ず席が、ってか選んだ位置が超ラッキーだった‼︎ メインステージから伸びた花道の突端のサブステージの真正面、前から5列目くらいの位置。U2目の前、文字どおり目の前。近過ぎて脳ミソがショートした、意味わからんの。ボノが、アダムが、ジ・エッジが(ラリーはドラムセットから動けないのでちょっと離れてる)そこでブンブン歌って演奏しとるんよ。ヘタに混んでるライブハウスなんかよりも距離が近い。最高だ。

そして演奏が、物凄かった。どうせ懐メロこなすだけでしょ?とか考えててゴメンナサイ。

物凄いエネルギーだった。ピークを過ぎたオッサンバンドなんかじゃなかった。

2019年のロックスターを観ました。

ほんとうに、心の底から、観られてよかった。

今もU2凄い。


音楽人から農業人(男)

 韓国のミュージシャン OOHYO のシングルbutter chickenが今年聴いた曲の中でで1番良かったです。

鬱屈した音に透き通る声が入っていて、イントロから最後まで聞き入ってしまいました。韓国の音楽を深く掘りたくなる1曲でした。


芸能人(女)

ホノルルマラソン。盲目の人や 義足の老人も42.195km チャレンジして頑張っている姿。


野球人(男)

プレミア12決勝、韓国戦の山田哲人の逆転3ランです。

2点リードされてての3ラン。そのまま逃げ切って優勝。

シビれました。


芸能人(男)

とある電車内でのこと。

老夫婦が乗ってこられて、女性が席に座り、隣にいた青年が男性に席を譲ろうとしたところ男性が「座ると妻の顔が見れなくなるので...」とお断りされて女性も照れながら「ここでそんな事言わなくても...」と仰っていました。

そんな心温まるやり取りにグッと来ました。

2019オーナーの「今年の抱負」

pork

2019年ですね。当店は今年で33周年のゾロ目年。
妄想以外、特にお店はシンプルな型取りをする事に楽しさを見い出していく流れを感じています。

写真は香りと塩を付け込んだ豚肉を良い具合に焼いたシンプルな料理。
出来立てしか美味しくないから、予約パーティーくらいでしか出せない。
こういうのをホントは通常ディナーで出したい。
どうにか工夫してどうにかしようかと今年は思っています。
ずっとやってきたつもりですがこれからも中野の洋食文化の底上げも頑張りたいですね。
くじけそうな時も多々ありますが(笑)。
お店を受け継いだ時に心に決めた事が二つあります。
一つは「売上を友達に頼らない」、もう一つは「王道でシンプルな料理と火入れを完璧にマスターし自分のものにする」です。
それを思い続けた結果、独自のなんちって経営でも18年店を潰さずやれたし、今では楽器を弾く様に料理が作れる様になれたと思っています。
今の情勢をみると暫くはビッグバンドは望めなさそうなので、シンプルなスリーピースロックンロールを、どう面白くアレンジするか?が命題になるんでしょう。
ロックンロール、演った事無いんですが(笑)。
そんな感じですが今後もオリエントスパゲティを、どうにかよろしくお願いします!

第32回オリエントスパゲティスタッフの選んだ2018年のグッと大賞!

第32回オリエントスパゲティスタッフの選んだ2018年のグッと大賞!
(オリエント入店順)

 

「空中泥棒と言う人のCrumblingと言うアルバム」ギターボーカル(男)
2018年前半は店をやりつつライブとレコーディングに追われ、後半は流行りの人不足に乗ってずっと店の仕事に追われた。
年末は13連チャンと言うまさに自分ブラック零細企業の鑑を実践。
お店は追い込めば追い込む程面白いのでそれはそれでたまにはいいんだが、今年は人生で最高に「生きる為」に働いたせいかインプット不足ハンパ無い。
もちろん毎日寝る前に何かしらの本を読み、少ない休日には映画を観たおして、音楽は毎日仕事中でも、新作チェック放題、聴き放題なのだが、その一瞬の衝撃のスパーク、フワッと入ってきて正気すら失う様な環境を作れなかった。
甘いコクとトロミのある年代物のお酒を味わった時の様な「これだね!」と言う重要なポイントを自分が掴みきれる環境を作れなかった。
脳内から出して出して出しての状態は通常ではあったのだが。
いい意味で言えば「今年は他者にグッと来るものしか作ってない、まさにアウトプットのみの年」であったのかもしれない(チョイ言い過ぎ)
だがしかし自分がノーグッと大賞ではスタッフの皆さんに強要した手前、大変申し訳ないので、以下、最近のチョイグッド。

『私どもの仕事は拘束時間がとても長いので、私個人は休憩中昼寝をするんです。
奥のお部屋でカーテン閉めて。
その時は店内BGMを聴きながらウツツ状態になるんですが、せっかくなのでそこで音楽に集中するんです。
最初に注目するのはベース。
私、昔からベースは重要なアイテムと捉えつつも 、自分が考えるのが苦手なんでしっかりと注目します。
その次はバンド楽器と織りなすストリングス模様。
いわゆるアレンジ具合ですね。
そしてやっと楽曲の進行やボーカルや録音状態に耳を澄ませるのです。
ある日そんないつもの感じでお昼寝ウツツ状態になっていた時「あまりにも自己中心的ないい感じのミックスBGM」が聴こえてきました。
それはスタッフがかけてた「空中泥棒と言う人のCrumblingと言うアルバム」。
特に深追いしてないのでよく知らないんですが、Van Dyke ParksとCorneliusを足して2で割った端数を化学反応させリゼルグ酸ジエチルアミドに限りなく近づけた粉末を固まりかけのまだ熱いマグマで出来た岩石の上に置いたキンキンに冷えた炭酸弾ける真っ青なクリームソーダにぶち込んだ感じ。(褒めすぎか?)
なんかウツツ状態で聞いてたら軽い衝撃を受けて「オレも人生もっと頑張らないとな」と思わせてくれる作品でした。』

以上、こんがらがった真夜中の想いはノーチェックで(笑)。
あ、あえて料理は無視したこんなんですけど、料理好きなバイト募集中!!
あのね、なんでもおんなじだから。


「JAZZ」ギターボーカル(女)
今年のグッと来たことは何でしょう?
グッと頑張ったのは、3月に約7年ぶりにソロのライブを演ったこと。
で、グッと来てるのはやっぱりJAZZなんじゃないかなってこと、かな。
食事時の音楽はJAZZがいい。運転時の音楽もJAZZがいい。歌ってみるのもJAZZがいい。
Sondre Lerche というアーティスト、ちょっとBECKっぽいポップロック兄ちゃんというイメージのアルバムだけすごく昔に買って聴いて、その後は追ったりしてなかったのが、今からもう10年以上も前にJAZZアルバムを出してたことを最近知って、猛ハマりした。
ポップやロックの世界の人でもJAZZを歌うことが出来るんだと後押ししてくれるような気がした。
そう簡単にはいかない気もするけど(笑)、いつか自分もトライしてみたいと思う今日この頃。


「ローホーくんのライブとまつろわぬ民」ダンサー(女)
基本、洋楽しか聴いてこなかったんですけど、大阪は八尾出身の「ローホー」くんのライブにグッときました。 
舞台では「まつろわぬ民」のエネルギーに涙が出た。


「崎山蒼志」ベースマン(男)
「崎山蒼志『夏至/五月雨/神経』」
TVで初めて演奏を聴いた時、完成度の高さに衝撃を受けました。
何回も聴きたいな と思う作品でした。


「金足農業」ベースマン(男)
「金足農業」
100回大会を迎えた夏の甲子園で快進撃を見せ、秋田県の公立校にも関わらず強豪を次々と破り準優勝!
吉田投手のナイスピッチングにグッときました!!


「吉本坂46のデビュー曲『泣かせてくれよ』」業界人(女)
「吉本坂46のデビュー曲『泣かせてくれよ』」
秋元康が作ったと思えないほど、やしきたかじん並みの、恋愛に後悔してる 大阪の哀愁漂う男心の歌詞と曲が意外にも凄く良かった。


「夏の甲子園準々決勝・金足農業VS近江」野球人(男)
「夏の甲子園準々決勝・金足農業VS近江」
金足農業1点ビハインドでむかえた9回ウラの攻撃。
満塁のチャンスを作ると、金足農業のそれまでの戦いぶりから、日本全国が何かあるなというドキドキワクワク感のなか、見事スクイズ成功。土壇場で試合は振り出しに。
かと思いきや猛然ともう一人のランナーがホームにつっこんでくる。当店スタッフの真田君の骨折スライディングの如く、気迫のヘッドスライディングでサヨナラ勝ち。
そして勢いそのまま、前回を知る人は干からびているであろう秋田県勢103年ぶりの決勝進出。
この準々決勝の試合が今年のグッと大賞です。

第31回 オリエントスタッフがただただ個人的に選んだ今年の一番グッと大賞

rotta

「第31回 オリエントスタッフがただただ個人的に選んだ今年の一番グッと大賞」の発表です!
(入店順)

1、Ron Miles(音楽家)

近年好んで聴いているBill FrisellやLee Konitzの流れで聴きだした。皆そうだが音の粒感がグッド。

2、thundercat(音楽家)

アルバム聴いたら普通のフュージョンといった所ですが、ライブを見たらビックリしました。
トリオでやってるのも信じがたい。

3、Otto Nebel(画家)

部屋に飾りたくなるようなシャレオツ感を持ち合わせる作品は一見軽いタッチの画風にも思えるのに、実質は何千もの打った点の個数までをも正確に把握する画家の緻密さと繊細さで心血注がれた芸術作品だったところに。

4、クレイジーキャッツのベスト(音楽アルバム)

2017年にグッときたというか、なごみました。みんな楽しそうでよい。

5、Tom Petty(音楽家)

秋にトム・ペティーが亡くなってしまった。
その半年前にニューオーリンズの Jazz&Heritage Festivalでザ・ハートブレイカーズとの40周年フルコンサートを観られたのが、心底よかったなと思う。曲ごとにギターを持ち替えて、あの曲もあの曲も、生粋のアメリカン・ロックだけがそこにあった。
泣けたね。

6、Lamp(音楽家)

Lamp主宰のレーベルがあって、そこから出ているCDも好きな感じで何枚か買いました。

7、Beck(音楽家)

音楽業界不作の年と言われた2017年ですが、個人的にメガヒットしたのはBeckのColorsです!THEポップミュージックって感じで最高です!

8、(出来事)

韓国に住んでいる時に飲み屋で「日本人かお前は」って理由で 見ず知らずの韓国人男性に殴られた時に、私と一緒に飲んでいた韓国人歌手の友達が、殴り返してくれて、「俺らの友達に手を出すな」と守ってくれた事です。韓国人が日本人を守るために、「タレント生命を投げ打ってでも友達のことは殴り返してでも守る」と言ってくれた その情にグッときました。

オリエント風ナポリタンが出来るまで

スパゲッティナポリタンという新しい食べ物が日本人に受け入れ始めたのは、1970年代辺りだと言われています。
当時、喫茶店での軽食として発明されたそれは、ミートソースと共にそれまでスパゲッティなんて物を知らなかった人々を魅了しました。
もちろん当時新種のこの食べ物はイタリアのナポリに行っても存在しません。
その頃まだ珍しかった日本のイタリアンレストラン(伝説の<キャンティ>は1960年頃にオープン)で食べた人とか、まだ珍しかった海外旅行でイタリアに行きパスタ料理に感動した人、あるいは最新の情報をキャッチしていた人らがナンチャッテスパゲッティを発明したのです。

さてそういう時代に生まれるべくして生まれた和製スパは、日本人の得意とする改良を経て根付いたトンカツやラーメンと同じく、まだ貧しかった時代の先輩方の工夫の成果でもあったのです。
僕の父なんかは未だにスパゲッティと言えばミートかナポリタンです。
これはナポリ好きの方が良く言われることですが「あのケチャップでドロドロの感じがたまらないんだよねぇ」なんて話をよく聞きます。
トマトソースと言うものすらまだ馴染みのなかった時代に見よう見まねで赤くしてみた、哀愁漂うナポリタン。
僕も昔、お金がない時なんかに家で作ったものです。
適当な野菜を入れてケチャップを入れればなんとなく食べられてしまう、どう失敗してもケチャップの味なので大きく外しはしないお手軽な感じも良いのですね。

しかしこんな王道なナポリタンがオリエントには無かったのです。
まれに「ナポリタンないのか?」というお客さまにはケチャップと海老の殻で取ったアメリケ-ヌソースとトマトソースをミックスさせてたものをナポリソースとして、ナポリタンを作っていました。
家で適当に食べるならまだしもお店で<ただケチャップをまぶしたもの>はちょっとな、と思ったのと、実は僕自身ナポリタンのケチャップまみれのそれは好きではないのです。
どう考えてもケチャップの味だけで最後には飽きてしまうし、あまりにも芸がないからです。
よく老舗の洋食屋とか喫茶店の特集でナポリタンが紹介されてますが、今だホントにケチャップのみで作っている店があるのには驚きました。(でもそれでお金を払ってくれるお客さんがいるのも事実なので何も言えませんが、、、)
そこで自分で旨いと思えるオリエント独自のナポリタンを作ってみようと思い立ったのです。
まずはグランドメニューに入れる前におすすめメニュー(1、2ヶ月くらいで変わる季節のメニュー)で
様子見です。
ナポリソースの基本は(何が基本なのかわからないのですが、とりあえずケチャップだけではないレシピをいろいろ探った結果)マリナラソース(アサリエキスや白ワインの風味が特徴の海の香りがするトマトソース)が母体となるのですが、たまたま業者にそのソースがあったのでそれを使いました。
そして海老の殻で作った常備してあるアメリケーヌソースとケチャップをミックスさせてナポリソースを作ったのです。
これでトマトソースを使うよりは一段とグレードアップしました。
これに辛味を付けて海老とフランクと野菜で<夏のナポリタン>として4年前にオススメメニューとして売り出したのですが、これがまた結構好評で世の中にこんなにナポリ好きの方がいたのかと驚くほどでした。
さて次はこんなに食べて頂けるならとオススメからグランドメニューへの昇格です。

ここでいろいろ考えましてグランドメニューにするならマリナラソースをイカを仕込む時に余ってしまうエンペラやゲソを使って作ることは出来ないかと考えました。
そこで試行錯誤を重ね最終的には、ミンチにしたエンペラとゲソをクールブイヨン(アサリと野菜のブイヨン)と白ワインとで圧力鍋を使い柔らかくして、そのエキスごとトマトソースとアメリケーヌソースとミックスし、さらにエピス(甲殻類などに合うスパイス。オリエントでは12種類のスパイスを配合)で風味付けしてナポリソースとしました。
オーダーが入れば小海老とフランクと野菜をソテーしバターでコクを出しナポリソースを入れてパスタと
和えれば完成です。
しかし難点が一つだけあります。
それはイカと海老の仕込みの前にナポリソースが無くなってしまうとオーダーストップとなってしまうことです。
なので品切れの場合はごめんなさい、、、。
そんな時は次の仕込みはいつかと聞いてくだされば即回答いたしますので、気兼ねなくスタッフまで声をかけてくださいね。
それでは今後もさらなるナポリライフを!

オリエントスパゲティとは

当店は水道元から変わるマイナスイオン水と伊認定のオーガニックパスタ
ベジLIFE!!&馬の恵ファームから届く完全無農薬の野菜(農園野菜)を使って
パスタを始め前菜、デザートを作っている小さなレストラン
ディナーは日替わり前菜など多数を取り揃えオーガニックワインを中心に
ビール、カクテル、焼酎など色々ご用意している飲めるパスタ屋です。
インターネットフリー、パソコン持ち込み大歓迎。
HP,Twitter,FaceBookだけのお得なサービスも有ます。是非ご登録下さい!
小パーティーのコースメニューから貸切パーティーまで何でもオッケー!
ブロードウエイの少し先!スタッフ一同お待ちしております!

 Lunch Time 11:30-15:00

*Lunch Menuはサラダ&ドリンクが付いて大盛りまで無料!(正月営業を除く)
 

Cafe Time 15:00-17:00

*Cafe  Timeだけのデザートセット 650yen有り! お食事もOK!
 

Dinner Time 17:00-22:30

*Dinner Timeはお得なパスタセットをどうぞ!
 
前菜、ドリンク、デザートから2品選んで 600 yen~。
もちろん前菜とお酒だけでもOK!
グラスワイン6種 500yen~
前菜が350 yen~!
などご用意しております。

wifi
フリーWi-Fi

パソコン持ち込み大歓迎!


Party

小パーティーのコースメニューから貸切パーティーまで何でもオッケー!
お客様のご予算とお好きな内容に応じます。


オリエントスパゲティ

東京都中野区新井1-23-22 ヒグチビル2 1F
TEL 03-3387-1445
営業時間
・定休日:月曜日(祝日の場合は営業) 
・11:30 ~ 22:30(food 21:30 drink22:00 L.O)   
ランチタイム・・・11:30~15:00  
カフェタイム・・・15:00~17:00  
ディナータイム・・・17:00~
<ランチタイム禁煙情報>
ランチタイムは全席禁煙です